お見合いCLUB奈良エリアブログNara Blog

婚活をしていて「いい人だけど好きになれない」と悩んだことはありますか?

マッチングアプリなど婚活の場では、出会った男性に対して良い人だと感じても、好きになれないと悩むことがあるものです。

ここでは、いい人だけど好きになれないと悩んでしまった場合の対処法について紹介していきます。

受け入れられない相手には固執しない

婚活の場で出会った相手に対し、生理的に受け入れられないと感じることはあるものです。

相手が自分の嫌いなルックスだったり、性格に問題があるなど、直感的に拒絶してしまう原因には様々な理由があります。

婚活アプリ内でのメッセージのやり取りの間は、好印象を抱いていたとしても、実際に会ってみると、思い描いたイメージとは程遠く、幻滅してしまうケースは少なくありません。

生理的に受け付けないと感じても、いままでのやり取りに固執してしまい、無理をしてしまう女性は多いものです。

生理的に受け付けられないという問題は、努力で解消できるものではありません。

知人の紹介で出会った相手であれば、知り合いの手前、好きになる努力をするかもしれません。

自分を変えれば、相手のことを好きになれると考えるからです。婚活の場では、そのような努力をする必要はありません。

マッチングアプリや婚活パーティの場では、数多くの出会いがあるからです。

無理して相手を好きになろうと考えずに、次の相手に移れば良いのです。

自分は相手に何を求めているか考える

マッチングアプリなどでは、相手を年収などの条件で絞り込むことが可能です。結婚相手に求める条件を満たしていても、付き合い始めてみると違和感を感じてしまうことも多いものです。

条件的に満たされているのに、相手が好きになれないのは、自分の理想像に合っていないからです。

自分が結婚相手に何を求めているかを冷静に考え、どの部分に問題があるか考えてみましょう。

話す話題が面白くないとか、立ち居振る舞いが嫌いなタイプであるなど、何かしらの原因があるものです。

男性に対して自分が求めているなかで、何が相手に足りないかを明確にしなくては、次の相手に移ったとしても上手くはいきません。

相手に求める譲れない条件を決めておくことが大切です。

絶対に譲れない条件は、些細なことである場合も多いものです。

週末の休みの一日を一緒に過ごしてくれるなど、努力次第で改善できることは、意外と多いのです。

女性によっては、男性に言えないような自分だけの考えがあったりもしますが、二人で共有できるオープンな条件であるならば、相手に相談してみるのも良いでしょう。

自分なりに妥協できない条件がクリアできれば、二人の間の違和感は消えていくからです。

第一印象ばかりに拘らない

婚活パーティなどでは、ルックスで好きになってしまう場合もあります。

第一印象が良くて、相手との関係を進めたいと感じる女性は、意外と多いのです。恋愛であれば、自分のインスピレーションを信じて、相手との関係を進めるのでも良いでしょう。

ときめく気持ちを感じながら恋愛を楽しめるからです。結婚の場合には、ときめきだけでは続きません。長い時間を一緒に過ごす関係になるのですから、見た目などの第一印象だけで相手を選んでいっては、上手くいかなくなることも珍しくないからです。

心のなかのときめきを大切にすることは、男女の恋愛では大切な要素です。

二人で会っているときに刺激を得られなくては、楽しい感じで会うことができないからです。

恋愛であれば良いですが、結婚の場合にはインスピレーションで関係を進めることはできません。

刺激のある関係と、好きである気持ちは違います。相手のことを好きにならなくては、関係が永遠に続くことはありません。

自分のなかで感じる相手へのインスピレーションは、人としての魅力である場合も多いものです。

ルックスが良いと感じる場合も、その男性が持っている男性としての魅力に惹かれているのです。

婚活で重視すべきポイントは、恋愛対象として魅力的かです。

付き合っていって、自分が心地良い時間を過ごせるかが大切なのです。

自分に対しても、周囲の人間に対しても、同じように振る舞い、屈託の無い態度を取るなど、裏表がないのも、恋愛を進める上では大切な要素です。

長く続く関係であることを重視する

女性の多くは、恋愛の末に結婚に辿り着きたいと考えるものです。

ルックスや性格が好みの相手であっても、長い時間を過ぎると気持ちが変わることは珍しくありません。

恋は一年、愛は永遠の言葉のように、すぐに恋愛に陥る相手だと、時間が経つに連れて相手の悪い部分が見えるようになってしまい、気持ちが色褪せていってしまう可能性が高いのです。

長く続く愛情は、二人の間の関係性にあります。

人として尊敬できる部分が男性にあるかや、自分にはないものを相手が持っていれば、長きに亘って良好な関係を保つことはできるものです。

男性によっては、自分のことを隠す場合もあるものです。

女性に自分を良く見てもらうために、繕うケースが多いからです。良い関係を長く続けるには、お互いに隠し事があってはいけません。

彼女からの質問に対し、包み隠さず答えてくれるかが、信頼できる男性であるかを決める重要なポイントでもあるのです。

趣味の部分の違いであれば、どちらかが歩み寄っていけば改善します。

性格の問題は、解消をお願いするしかありません。

隠し事をしがちで、自分を取り繕う傾向が彼にあるならば、思い切って話してみるのが良いでしょう。

男性も自分をさらけ出したいと感じている場合もあり、言われることで気持ちが楽になるケースもあるからです。

お互いが作っている関係だと、強い絆には結びつかないものです。

よそよそしい関係を捨てて、素のままで過ごせる関係になることを目指しましょう。

難しいと考える方もいますが、一歩踏み出すことができれば、自分をさらけ出せるものです。

この人だとすぐに決めない

婚活の場での出会いには、すぐに判断を求める方が多いものです。相手も結婚を求めて利用しているから、即決しないといけないと考えてしまうからです。

自分のなかで、何か気になる点があるのなら、すぐに答えを出さなくても大丈夫です。多くの出会いを求められるのが婚活のメリットです。

良いなと感じた相手であれば、一旦関係をキープして、次の相手との出会いを求めてみても良いのです。

一人に絞ってやり取りをしなくては、相手に失礼と感じる方もいるでしょう。

婚活パーティでの出会いは、普通の出会いとは違います。友人の紹介や、職場での出会いのように、他の異性と同時並行の付き合いができない場ではありません。

一般的に婚活パーティで出会った異性とは、複数の相手と同時にメッセージのやり取りをするものです。

年収や勤務先などの条件が優れている方と、ルックスが理想的な相手との同時並行での付き合いを可能にするのです。

二人をキープしておけば、どちらかとの関係が途絶えてしまったとしても、婚活が途絶えることはなくなります。タイプの違う複数の男性と付き合っていくことは、自分のなかで冷静に結婚観を見直す時間を与えてもくれるのです。

深い交際を始める前は、浮気ではありません。

彼以外の異性にメッセージのやり取りや、会話を続けていたとしても、関係性が深くなければ、浮気ではないのです。

多くの出会いを得られる婚活の場の利点を活かして、長きに亘って付き合える相手を探していきましょう。

即決するのではなく落ち着いて考えてみる

婚活での出会いでは、条件が良くても、なかなか相手が好きになれずに悩んでしまうことがあるものです。

生理的に受け入れられない相手には拘らず、相手に何を求めているかを考えてみましょう。

恋愛のようにインスピレーションで判断せず、長期的視野で相手を選ぶことが大切です。

関連記事

無料カウンセリングを実施しています!あなたの目指す婚活、不安やお悩みをお聞かせください。

お電話での
お問い合わせ
06-6777-3672 営業時間/11:00~19:00 定休日/水曜日

19:00以降のお問い合わせは翌営業日の対応とさせていただきます。
無料カウンセリングのお申込みにつきましては24時間オンラインにて受付しております。